• TOP PAGE
  • 謎2 ビルベリーはなぜ目に良い??

謎2 ビルベリーはなぜ目に良い??

ヨーロッパではなんと中世の頃から、視力低下や鳥目に良いとしてビルベリーが愛されていました。昔からこのビルベリーを料理やジャムにして摂取してたそうです。現在欧米では医薬品の原材料としても使われているようです。

ビルベリーが何故目にいいとされているかというと、その理由はもちろんアントシアニンです。アントシアニンは、目の中にある、小さな毛細血管を強くしてくれるので、目の中の血の巡りをよくしてくれるとされています。そのため、目に十分な栄養がいきわたることで、眼精疲労や視力回復の効果があるとされています。また、目でとらえた光を脳に伝達すると言われている、網膜の中にあるロドプシンという物質の再合成を促す効果もあるため、眼精疲労の抑制や視力低下の抑制に効果的といわれています。

現代の私たちはテレビやパソコンの画面、暗い場所での読書などを長時間続けてしまいがちで、日頃から目を酷使してしまうことが多いですよね。

そんな私達の生活の中で力を発揮してくれるのがビルベリーだと思います。
目から入ってくる映像は、角膜から光が入り、レンズのような役目をしている水晶体を通って網膜に行きます。その網膜にある光に反応する細胞から、脳にシグナルが伝わって得られる感覚で見ているのですが、この目の細胞部分にとても重要な働きをする成分があります。

鍵となるタンパク質”ロドプシン”

目の中にはロドプシンという色素体があるのですが、このロドプシンが、分解されたりすぐ再合成されたりを繰り返しています。このロドプシンの分解と再合成の繰り返しによって、これが脳に伝わり、色々なものが見えるという感覚を得ることができているのです。

この様にとても重要な役割をしているロドプシンなのですが、目から脳へ情報を伝達する過程を担っているロドプシンがうまく再合成されないと、眼精疲労が現れます。目がチカチカしたり、かすみ目をおこしてしまいますので、疲れ目の予防と改善には、ロドプシンの細胞の結合と分解をスムーズに行うことが大事になるんですね。

ビルベリーに含有されるアントシアニンは、このロドプシンの働きを活性化させてくれます。ビルベリーは、眼精疲労の予防や改善、また視力回復につながっていきます。即効性もありますので、約4時間後には視力回復が見られるといわれています。しかし、永遠にこの効果が持続するわけではないので、適量を継続して摂り続けることが必要ではないでしょうか。